ビジネス

僕が逃げ切りサロンを1ヶ月で退会したワケ

こんにちはカスタマです

今回は今話題沸騰中のやまもとりゅうけんさんが運営するオンラインサロン

「人生逃げ切りサロン」

に参加していた僕が1ヶ月で退会したワケをお話します。

やまもとりゅうけんさんって誰?

やまもとりゅうけんと言えばYouTubeやTikTokでも情報発信をされています。

僕もたまに動画を拝見していますが、かなりの影響力をお持ちです。

ブログも月間10万近いアクセスがありますし個人で働く人にとっては非常に魅力的な人だなぁ。。。と

で、そんなやまもとりゅうけんさんが運営するオンラインサロンが前々から気になっていたのもあり遂にオンラインサロンに参加しました。

コンテンツの内容

主なコンテンツはSlackで利用できて、様々なサロン生と会話、情報交換が出来るのですが、

とにかく人が多い!!

さすが国内TOPクラスのオンラインサロンというだけあって非常に沢山の人が活動をしていました。

オンラインサロンでの活動というのは、主に情報交換です。

「動画編集のやり方教えます〜」
「英語教えます〜」
「タイ語教えます〜」
「整体教えます〜」

などなど

確かに今は情報にお金を払う時代ですからコンテンツのボリュームとしては満足できるものでしたね。

りゅうけんさんとも直接話せる機会があったりと、りゅうけんさんファンからしたら嬉しいのではないかと。

本題「なぜ辞めたのか」

ここで本題ですが、なぜ辞めたのかという所ですが、

結論から言うと

「サブスクリプションで毎月お金を支払う価値がないな」と感じたからです。

確かにコンテンツのボリュームも沢山ありましたが、それはあくまでも情報でありオンラインサロンの強みでは無いんじゃないかな?と感じたからです。

僕がオンラインサロンに求めるのは、お互いにGIVE&TAKEが出来る環境です。

わかりやすく言えば、

「仕事を与えて、その分仕事を貰える」

環境です。

ハッキリ言ってサロン内はTAKERばかり。

「くれくれ君」ばかりでした。

「仕事ください!」
「〇〇教えてください!」
「人脈ほちい!」

もちろん仕事を振っている人もいたかもしれませんが殆ど見ていないですね

人数が増えすぎたのも原因かもしれませんが、主に活動している人のメンバーの質があまり高く無かったです。

比較対象としてキンコンの西野さんが運営する「エンタメ研究所」はテーマが、西野さんが描くエンタメの未来?を応援するようなサロンなので(本人は街のようだと仰ってます)顧客の不満を生みにくいな〜と感じたのですが、
りゅうけんさんの「人生逃げ切りサロン」は名前からやはりテーマが「ビジネス」なので、「月額で支払っている以上のリターンが見込めないのであれば入っている意味は無い」と感じてしまいます。

「このサロン使っててもあまり便利じゃないな・・・」と

ギャップを感じてしまいました

こういう人には向いてる

批判記事みたいになってしまいましたが、あくまでも
「僕には合わなかった」
「僕は価値を感じなかった」
というだけで、中には価値を感じる方もいますし、実際の満足度は高いと思います。

逃げ切りサロンで一番印象的だったのは、サロン生同士の”奮起し合う”というのは、見ていて良かったなと思いました。

一人では中々モチベーションの維持は難しいですが、コミュニティに参加することで同じ境遇の人とお互いを励まし合ってモチベーションの維持が出来る方もいると思うので、そのような人には向いているんじゃないかなと思いました。

ただ最終的に仕事は全て”自分次第”なので、「サロンに入れば稼げる」「1から10まで教えてもらえる」という考えの方はやめておくのが無難です。