動画編集

動画編集速度が倍になる外付けGPUを半年使ってみた結果

こんにちはカスタマです

皆さん動画編集するPCって何使ってますでしょうか?

僕は普段からMac book proを使っています

【カスタマが使ってるMac book pro】25万くらい

MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
2.3 GHz クアッドコアIntel Core i5
8 GB 2133 MHz LPDDR3
Macintosh HD
Intel Iris Plus Graphics 655 1536 MB

こんな感じです。
動画編集をする者にとってPCのスペック、操作性ってめちゃくちゃ重要ですよね。

ただ、実際のところ「そもそも動画編集にノートPCってナンセンスだろ」

ってよく言われます。

もちろんたまにデスクトップも使うんですが、デスクトップはWindowsを使っているのでファイルの管理とか考えると1台の方が楽です。他の記事でも書きますが僕は動画編集する際の操作性は絶対にmacでないといけません。

僕はとにかくmacbookproが良いんです、

しかし僕の気持ちとはうらはらにmac book proも日々悲鳴を上げています


「シュー!!!」(とてつもない高温と共に熱風を噴射する音)

本格的な動画編集の仕事も全てmacbookで行っているのでこれは流石にそろそろどうにかしたい。


という事で半年前にeGPUという物を導入したところ、期待以上の効果が得られたので動画編集で日々頑張ってる皆様に共有させて頂こうと思います

今回はPCのスペックを劇的に飛躍させるeGPUをご紹介します

GPUってなに

さっそくeGPUってなんぞやという話ですが、簡単に言うと「別積みGPU」です。
eGPUの話の前にGPUが何かを理解していないと話になりませんので
GPUってなに!?っていう方の為に簡単に説明すると、

そもそもPCを購入する際の比較すべき性能って

・CPU
・GPU
・メモリ
・ストレージ

大体この4つなのですが、これらについて短くまとめるとGPUの重要性がおわかり頂けると思います。

■CPU
▶基本的な処理スピードはこれで決まるぜ
▶「Core I 7とかCore I 5」のアレだぜ

■GPU
▶世の中にはGPUが搭載されて無いPCも存在するぜ
▶GPUの性能が高いほど動画編集、YouTube視聴、ネトゲがサクサクできるぜ

■メモリ
▶一昔まえはメモリって結構気にしてたけど最近は標準も高いしそんな気にならんぜ
▶メモリが高いほど同時にたくさんの事ができるぜ

■ストレージ
▶今時SSDじゃないPCは終わってるぜ
▶ハードディスクの事だぜあとは調べろだぜ

ようするにGPUは無くてもPC自体は起動するわけです。

しかしながらGPUが搭載されていないと動画編集は全然サクサクできないよ!
GPUの性能が高ければ高いほど動画編集はサクサクできるよ!

って事です。

ですから動画編集者はなるべく高性能なGPUを搭載したPCを使ったほうが作業効率もあがりますし、After Effects等の高度な編集作業をする際は必須となるわけです。

ただGPUというのは「とにかくデカイ!」

なのでノートPCにはあまり高性能なGPUを搭載することが出来ません。

そこで活躍するのが今回ご紹介する外付けGPU「eGPU」という訳です。

ようやく本題eGPUのご紹介です。

こちらがeGPUです。

何かもうデスクトップPCみたいですね笑

このeGPUを導入したことで、普段外でも使用するmacbookproを自宅でそのまま高性能マシンとして使えるので非常に重宝しています。

今Macで使用可能なeGPUはAppleから販売されているBlackmagic eGPUとその他メーカーから販売されている外付けGPUboxを購入して接続するという方法です。

僕はBlackmagic eGPUではなく「Razer Core X Chroma 外付けGPU(eGPU)BOX」と「RADEON RX 580 8G GDDR5」を組み合わせて使用しています。

※注意
外付けGPUboxだけ購入しても使用できませんので、別途GPUを購入する必要があります。

Razer製外付けGPUBOXを買ったわけ

何でapple純正でなくRazer製のBoxを購入したのかというと、「シンプル」にカッコいいからです笑
というのと使っていないGPUが丁度余っていたので、apple純正品のBlackmagic eGPUよりもコスト安く導入出来たからですね。

好みのGPUを自分で選んでmacbookと接続することができるのでこちらの方が夢もありますね笑

GeForce製のGPUはmacに接続できない

上記でも説明した様にGPUが余っていたというのもあり、Razer製の外付けGPUBoxを購入したのですが、僕知らなかったんですけどどうやらMacOSでGeforce製のGPUはどうやら使えないらしく、接続してもうんともすんとも言わず苦労しました笑

回避方法も調べたりして実践したのですが、時間も掛かりトラブルも怖かったので結局RadeonのRX 580 8G GDDR5を購入しました(トホホ

実際に使ってみて

めちゃくちゃ調子良いです。

内容にもよりますが、同じプロジェクトファイルの書き出しで約2倍の書き出し速度が出ます。

僕が持っているデスクトップPCより早いです笑

eGPU接続しながら充電もされるので、感覚的にはただMacをコンセントに指すだけでめっちゃ早くなるというイメージです。

唯一気になる点は、PC本体が熱を持ちやすくなりました。
操作に問題は一切ありませんがすこし気になりますね😥

最後に

いかがだったでしょうか?

僕は動画編集のクオリティを上げるときに、PCのスペックがどうしても足りない!という状況に陥ってeGPUの購入に踏み切りました。

既にMacbookを所有していて、ワンランク上の性能で・・・・!
と考えている方にとっては1つの選択肢かもしれません。

eGPUが使用可能なPCはThunderbolt3ケーブル対応のPCのみです。
Apple製では最新のmacbookAirも対応している様です