ビジネス

動画編集者は増えすぎてオワコン!? 動画のクオリティをバク上げさせる方法!

こんにちはカスタマです。

近年動画の需要というのは増え続けています

てか増えすぎです。

国内クラウドソーシング大手「クラウドワークス」でこの様な調査結果が出ています。

漫画を含む広告動画の需要は約3倍近くまで上昇しています。

さらに
動画制作発注者も増えております。

発注者の増加は受注者「動画編集者」の増加につながっています。

要するに今、動画広告は今大ブームなワケです。

ただ実は、元々動画編集を仕事にしていた我々にとっては「仕事が増えてウハウハ!」

と、一概に言えるわけでは無いのです。

なぜかと言えば単価の低下です。

フリーランサーと企業を結ぶクラウドソーシングサービスの誕生は、企業が「もっと安く編集してくれる人いるじゃん!」という事に気づき、仕事の単価を著しく下げる原因となってしまったのです。

それだけでなく下請けのような業者も大量に増え、末端の動画編集者がどんどん貧乏になる昔ながらの大工さんのような構図が完成しつつあります。

動画編集覚えりゃ仕事に困らない!?

またまたグラフですがコチラをご覧下さい。

天下のサイバーエージェント様の予想では動画広告市場は今後も倍近くまで成長します。

動画編集しばらく安泰?

「おおお!しばらくは安泰じゃん!」

確かに動画編集の案件数は間違いなく上昇していますし、今後も増えることは間違いないと思われます。

案件数が底上げされることにより、プロの動画編集者、大手企業ばかりでなく、副業レベルの動画編集者、中小企業の動画編集会社も仕事が貰えるようになります。

これは非常に喜ばしいことですね

しかしながらいくつか問題点があります。

・編集者の絶対数が増えることで質の低い編集者が現れる
・単価がどんどん低くなる可能性がある。
・単価が下がると動画のクオリティが下がる。

僕も外注使います

実際問題、僕もクラウドワークスで下請けの動画編集者に編集を依頼しています。正直言ってクオリティは全く信用していません。

請け負って貰う案件は主にYouTuberさんの動画編集で
・テロップを追加するだけ
・効果音を入れてもらう

と本当に単純な物ばかりです。

企業PR動画や、動画広告等の案件は殆ど依頼しません。
(自身で修正する必要がある事案が頻繁に起きているから)

しかしながら上記でもご紹介した通り動画広告の需要は日々増加傾向です。
今後は、今まで僕が依頼していなかった分も外注さんに依頼する必要がありそうです。

その外注さんも、僕が依頼しなくても自ら動画広告の案件を取得するでしょう。

しかし、今の状況のまま動画広告の案件が増え続け、「動画編集者の技術の底上げor編集ソフトの機能レベル底上げ」もしくは「動画編集単価の見直し」が行われなければ、
・動画のクオリティ
・動画編集の単価

これらは
日に日に低下していくと僕は考えています。

このままではクラウドワーカーはやばい

全ての動画広告単価が下がるわけではありません。
市場が大きくなるので、単価が上がる所ももちろん存在します。

クラウドソーシングで案件を受注しているワーカーは注意をすべきという話です。

しかしこれらをクラウドソーシング利用者が解決しろと言うのは無理な話です。

なぜなら
「そもそもお金が無い(単価が低い)のにクオリティの高い動画作れるワケがない」ですよね?

今回はお金を掛けなくてもハイクオリティな「動画」「動画広告」を作る方法をご紹介します。

クオリティの高い動画広告を作る方法!

まず第一に現代における動画広告の最高峰はTVCMです。

制作費も100万円〜
キャストによっては数千万、数億円と費用が掛かります。

このレベルの広告を作りたい方はテレビ局へ

テレビCMには及ばない!がクオリティ、予算的にも2番手に着く広告といえば、、、

タクシー広告や、電車のモニターに映し出される様なクオリティの広告でしょうか。予算は30万~300万程度と考えましょう。

個人レベルでも営業次第では取得可能です。
しかしながらそれなりの編集技術に加え、撮影機材、技術が必要です。

撮影自体も一人では行えないでしょう。

というように今クラウドワーカーをやっている方には少しハードルの高い案件です。

このレベルの動画広告なら在宅でも作れる。

こちらの動画広告レベルなら在宅でも製作可能です。
ちなみに製作費は5万~20万くらいはとれます。

このレベルの広告動画を作れれば普通のサラリーマン以上は現状稼ぐ事は全然可能だと思います。

じゃあ実際にどう作るのか?

【準備するもの】
・テロップ
・音声
・画像素材
・ストックムービー

テロップを用意する

まずはテロップを用意しましょう。
脚本はクライアントから用意されることが多いです。
基本は脚本からテロップを作成します。

オシャレなテロップデザインをお持ちでない方は下記記事からオシャレテロップを受け取って下さい。「現役動画クリエイターのテロップを無料プレゼント!」

音声を用意する

今度は広告動画に使用する音声を準備します。
僕は音声を主にクラウドソーシングで依頼をします。

沢山の声優さんが仕事を請け負ってくれるので非常に便利です。
相場は「1500~5000円」くらいでしょうか?
声優さんも困ってるので出せるだけ出してあげましょう

https://crowdworks.jp/

画像素材を用意する

画像素材を用意します。

例えばこの様な表現をする際に
・スマートフォンの画像
・指の画像
・吹き出しの画像
これらを用意して上記の画像を作り出します。

「スマホ フリー素材」「指 フリー素材」とか検索すれば取得出来ます。

ストックムービーを用意する

聞き慣れない言葉かもしれませんが、ストックムービーを準備します。

ストックムービーというのは、
あらかじめ「動画広告でこの様なシーンを使うだろう!」
という想定をして撮影されている莫大な量の動画素材の事です。

ストックムービーというのは通常の動画素材に比べて、撮影の手間もなく、「それっぽい動画素材」を入手できるのでとても人気があります。

※上記の広告動画も全てストックムービーで製作されています。

ストックムービーを配布しているサイトはいくつかあります。

istock
Shutterstock
Adobe Stock

ね!凄く便利でしょ!

ちょっと待った!!!

高くないですか!w
数十秒の素材に1万円近くするものがチラホラ…..

僕も過去にAdobe Stockを使用した20~30分程度の企業PVを製作したのですが、Adobe Stockの素材だけで総額35万掛かってました(マジです)

せっかく小規模の動画編集者でもハイクオリティな動画が作れると思ったのに、、、、、なんだよ、、、、

ご安心を

ご安心ください。

ここから広告です。

なんと年額25,800円払いきりでストックムービーがダウンロードし放題のサイトがあるんです。その名も「Motion Elements」

Motion Elementsはコチラ

実はこのブログで紹介した広告動画は全てMotionElementsのストックムービーを使用しています。

愛用していますが、正直かなり便利です。
25800円以上の価値は間違いなくあります。

カネとんのかよ

ご安心下さい。

コチラが本命です。

Pixabay

ストックムービー運営会社泣かせの「無料ロイヤリティフリー素材サイトです」

無料でしかもロイヤリティフリーの動画素材が無限にダウンロードし放題!

まあ本音を言えばMotionElementsの方が機能も多くて使いやすいのですが、正直個人レベルで広告動画を作るなら全くもって問題ありません。

世界中で使われるモンスターサイトです。

あなたもMotion Elementsやpixabayを駆使してハイクオリティな広告動画を作ろう!

すみません。ここからが本当の本題ですw

すみません。本当にお待たせしましたここからが本当の本題です。

Motion Elements
pixa bay

とご紹介しましたが本当に便利です。

(Motion Elementsはうちの会社でも本当に常用してます)

しかし1つだけ大きな欠点があるんです。

「日本人の素材が少なすぎる」

広告動画を作ってて思ったんです。

「あれ?」「日本人向けの化粧品のPR動画なのに素材は外人さんだ」

「日本人の素材欲しいな…!」

ネットで探したけど全然見当たらないんです。

adobe stockやShutterstock等の高額販売サイトではもちろん販売されてますが、定額制、無料のサイトには殆ど存在しない….!

不便…..!


あ、作ろ!



って事で無料のロイヤリティフリー素材サイトを作ることにしました。

その名も「revio」です

動画編集者さんマジで朗報です!

まだまだ動画素材もすくないですが、既に専属のモデルさんも契約する予定で、どんどん動画素材を追加していきます。

サイト僕が作ったのでちょっと設計が汚いですが、是非使ってください。

力のない動画編集者をrevioで救います!
動画編集の業界を一緒に盛り上げましょう

revio